別に、近隣とトラブルを抱えているわけでは、ありません。
それでも、仕事柄、庭の手入れをする時間がなく、また、わたしも、草まけする肌質で、年中、日焼け止めが必要なほどの日光過敏症。けれど、そんな泣き言も言っていられないほど、夏場は、雑草が、あっという間に膝丈まで伸びてしまいます。
蚊も増えますので、近隣に申し訳なく、それで、炎天下、長袖、長ズボンに割烹着を来て、完全防備で、コツコツ、草刈り鎌や鋏で、少しずつ刈っています。
それを見兼ねてか、近隣の方々は、とやかく、苦情を仰ることは、一切、ありません。
それどころか、草で見通しが悪くなると、その部分だけ、草刈りしてくださるほどの気の遣い様。
ただ、そうなると、「あ、草が刈ってある」「急いで、草を刈らないと」と、すぐに、わたしが、その周辺を刈り始めると、今度は、近隣の方々が、申し訳なさそうに行き来するので、草刈りの手伝いが入っても、すぐに刈っては、嫌味になるのかな‥ とも考えることが増えました。
勿論、わたしが、不在時に、当方の敷地内へ近隣の方々が入ることには、抵抗がありますが、当方も、十分に草刈りできない負い目があるので、そこは、何も言いません。
けれど、また、草が一部刈ってあるのです。そういうわけで、今日も「あぁ、どうしよう‥」と悩んでいます。